啓発 > 仕事ができる人の「話し方」

仕事ができる人の「話し方」

スピーチ上手になる五つのポイント
 
スピーチの目的は、自分の意図を正しく相手に伝え、望ましい行動を起こしてもらうことです。
良いスピーチをするためのポイントを五つ話しましょう。
@     十分な準備が必要です。スピーチの目的を踏まえて効果的な構成を考えましょう。
導入では「これから××についてお話しします」とテーマをはっきり話してください。
最後にも「今日は××についてお話しさせていただきました」と言うと、印象に残ります。
リハーサルも欠かせません。スピーチがうまい経営者は、こうしたポイントを押さえています。
      日産自動車のカルロス・ゴーン社長は長期的な視点を感じさせるキラーフレーズの使い方が
      見事です。また、ソフトバンクの孫正義社長は
説得力を感じさせる具体例や数字の盛り込み方が上手です。
A     意識すべきなのは「Logos(ロゴス=論理)・Pathos(パトス=感情)・Ethos(エトス=信頼感)」。
ロゴスが必要なのは言うまでもありませんが、それだけで聴衆の共感は得られません。
例えば個人的な体験など、感情に訴えるエピソードを開示してパトスも高めるべきです。
自分が訴えたいテーマが、社会全体に与える影響を話すと広く共感を得られます。
   また、話し手が豊富な経験や実績の持ち主だと、聞き手は最初からエトスを感じます。
ゴーン社長と孫社長は両方ともエトスが高いので、聞き手の信頼を得やすい。初期エトスが
       低い、つまり第一印象で信頼感が低いと挽回は難しい。ですから、身だしなみは大事です。
B     適切なエネルギーレベルを維持すること。ぼそぼそ話していては、言いたいことが伝わりません。
実は緊張すると良いスピーチができるのです。緊張はエネルギーレベルを上げるためです。
もちろん、準備不足で緊張するのはいけませんが。
C     話のリズムです。大事な部分や結論部分は大きな声でゆっくり話してください。
また、用意した原稿を読み上げるだけでなく、会場の雰囲気を見ながら適宜アレンジすべきです。
よく使われる手法に、「質問すること」があります。
      上の空で聞いていた人に考えるきっかけを与えることで、
話に引き込むことができます。どんな質問をするか、あらかじめ準備しておくとよいでしょう。
D、“Non verbal communication”、つまり、言葉以外の部分です。特に手と目を活用してください。
手の動作はダイナミックな印象を与えます。聴衆と目を合わせるのも効果的です。
実際、自分がどの程度できているか調べるには、ビデオに録画して見るのが一いちばんよい。
直すべき点をすぐに発見できるでしょう。
 
■相手を動かすスピーチをするための5つのポイント
1.十分な準備
・効果的な構成を考える
・導入と締めくくり、論理展開、キラーフレーズ、具体例
・リハーサル、リハーサル、リハーサル
 
2.Logos(論理)、Pathos(感情)、Ethos(信頼感)
 
3.適切なエネルギーレベル
 
4.Rhythm(リズム)
・大事なところは大きな声でゆっくり
・会場の雰囲気を見ながら
5.手と目を活用する
Non verbal communication