啓発 > New! ある小学生の作文です
ある小学生の作文です、読んでみて下さい。

将来の自分
二年後中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。
八年後二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。
これを目標にしてがんばります。マスターズ優勝はぼくの夢です。
それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。
みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。
ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、
「もっとあのときにこうしていれば」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。
来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。
今は優勝とか関係ありません。
中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。
高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
その試合で世界から注目される選手になりたいです。
ぼくは勝てない試合には今は出ません。
ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

これを読んで何か感じましたか?
子供の夢は無邪気でいいですよね。
世の中そんなに甘くないのに
なんて考えながら読んだ人もいたかもしれませんが、
『思考は現実になる』強く意識を向けて考えた事は実現できるんです。
でも流石に、これは無理だろう?
実はこの作文に描いてある願い、叶いつつあるんです。
この作者はあなたも知っている人ですよ。
ハニカミ王子こと石川遼くんです。
松伏小6年卒業文集より