啓発 > 経営理念
             

お主の会社には、もちろん経営理念があるじゃろう。

経営理念は、会社の目的を示したり、企業内の

人間が行動を起こす際の精神的支柱となるものじゃ。
もし、経営理念がないとしたらその会社は危ういといえるのう。

  経営理念:経営理念が浸透していればいるほど、
          結束力も増し、強し組織ができるのじゃ!

経営者としてこの会社をどのようにしていきたいかという「思い」や「志」を明文化したものが
「経営理念」じゃ。そして、そこに至る走り方が経営方針であり、ゴールが経営目標、その道筋が
経営計画といえるのう。ここでは、経営理念について見ていくぞい。

経営理念

経営理念とは、企業の経営全体を包括する考え方と思想を意味する。つまり、企業内の人間と諸活動全体の精神的な支柱となるべきもので、それにより、後に続く経営方針・ビジョンや経営計画、従業員の行動指針や行動基準の方向付けがなされる。ただ、経営理念は長期的な企業活動の哲学として存在することから、抽象度の高い思想として表現されるのが一般的である。 

また、経営理念は、綱領や社是・社訓といった形で表すこともあるが、いずれも次のような、経営者の経営に対する思い入れや経営姿勢を表したものといえる。

  • 経営者が会社をどう育てようとしているか。
  • 経営者自身を含めて全従業員がどのような心構えで仕事に従事するのか。

*  経営理念の内容 

1. 経営目的を明確にする
この会社の目的は何か、経営者自身何のために経営しているのかを明確にしておかなければならない。順調に業績を伸ばしている会社や、新たに経営理念を策定した会社には、次のような特徴がある。


  • 社会に対して何ができるのかを明確にし、積極的に貢献していきたいと考えている経営姿勢。
  • 従業員や人間の幸福を実現しようとする経営姿勢
  • 地球環境に優しい経営
  • 革新や進歩を目指した経営姿勢

2. 経営方法を明確にする
経営理念の実現を目指して、経営者は実際に経営していくわけであるが、その方法にはさまざまなアプローチ方法がある。その中で自社に適した方法を明確にすることが重要である。

3. 経営の革新の方向を明確にする

経営方針や経営目標、経営戦略は、経営環境によって変化していくが、経営理念は不変なものとして受け継がれていく。しかし、経営機能の本質的課題は「革新」である。とくに、現代の激変する環境変化に対応し、会社の維持・存続、発展を図るためには、理念を作り変えなければならないケースも大いにあり得る。そのようなときには、思い切った変革の内容を盛り込んだ理念をつくらなければならない。

* 経営理念の生み出す効果

1. 一体感
経営理念は、組織の共通の価値を明らかにし、組織と従業員の一体感を高める効果がある。価値の共有による一体感は、規則や賞罰以上に従業員のモチベーションを高めるものである。

2. やる気を生み出す発火点
経営理念は、会社の社会的役割や責任、会社の目的、共通の価値基準を明確にする。このため従業員は「なぜこの仕事をしているのか」「なぜこの仕事が重要なのか」「この仕事は会社のどの部分に位置付けられるのか」など、自己に与えられている仕事の意味を理解することができる。これにより、社会に対する貢献意欲や自己実現の欲求が、さらに明確になり、やる気を生み出す発火点になるのである。

3. 会社宣言

会社の経営理念を内外に発表することは、会社の社会的役割や責任、会社の目的、共通の価値基準を宣言することであり、コーポレート・アイデンティティー(CI:企業イメージの統一)の一部として会社の宣伝効果もある。 

4. 会社の憲法

経営理念は会社のルールの基であり、行動規範を示すものである。