啓発 > 開運・福徳の神 七福神
開運・福徳の神 七福神
 古くから、宝船に乗ったこの七福神の絵を枕の下に置いて寝ると
 良い初夢が見られるとされ、大願が叶うといわれてきました。

恵比寿(えびす)
 商売繁盛の神様として親しまれてきました。
 古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や
 「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となった。

大黒天(だいこくてん)
 打出の小槌で人々に財運をもたらすといわれます。
 インドのヒンドゥー教のシヴァ神と日本古来の大国主命の習合。
 大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となった。

布袋(ほてい)
 背負った袋から人に財運を受けるといわれます。
 の末期の明州に実在したといわれる仏教の

弁財天(べんざいてん)
 弁舌・音楽・学問を司る美しい女神としての象徴。
 七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神である
 サラスヴァティー神。七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることが多い。
 
福禄寿(ふくろくじゅ)
 幸運・財運・長寿をもたらす福神といわれます。
 道教道士または、道教の神で南極星の化身の老子である
 寿老人の別名または同一神とされる。

寿老人(じゅろうじん)
 長寿と知恵を司り、天下泰平と繁栄をもたらす。
 道教の神で南極星の化身の老子。

毘沙門天(びしゃもんてん)
 勇ましい武将の姿で仏法を守護し、福徳を授ける。
 元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神で、これが仏教の神の
 ヴァイシュラヴァナ(多聞天)になり日本では毘沙門天と呼ばれる。