啓発 > 5月の言葉
5月の言葉  「行 倦む勿れ」
             行修はすべからく日常の生活行為であるべし。

             人間はどこまで向上してもこれでよいという点はないはずである。