Info > 私とコンピュータ
私とコンピュータの付き合いは34年になります。大学3年の科目にコンピュータプログラミングがあり
最初のプログラム言語はFORTRANでした。それからマシン語、アセンブラと勉強しました。
当時はカードに穴をあけてやるキーパンチでした。クローズ方式でコンピュータを直接使用することができず
パンチしたカードを受付に出し、翌日結果を受け取ります。大学を卒業してからはNECで6年間プログラマ、
SEとして仕事をしていました。当時プログラム言語はCOBOL言語が主流で大型汎用機、オフコンと言われた
オフィスコンピュータを使っていました。私は公共システム部に所属し主に農協担当で、入社1年目から出張が
多く愛媛県松山、愛知県知多、鳥取県、山形朝日村、神奈川、三重県、埼玉県川島町、静岡経済連、徳島県新野、
富山、静岡県袋井市、群馬県高崎と長いところで1年、東京とユーザーの所を往復していました。家庭の事情で
沖縄に戻る事になり、ちょうどタイミング良く沖縄に初めてのNECマイコンショップができ,SEがいないということ
1981年に戻りました。
当時はパソコンの出始めでPC-8001(現在も保管)を、NEC社員割引で購入しBASIC言語を勉強しました。
当時流行のインベダーゲームをマシン語で入力し、プログラムはカセットレコダーに記憶させました。
それからパソコンも進化し、BASICインタプリタからMS−DOS(マイクロソフトが開発)がでて、
FDドライブが使えるようになりパソコンでも業務用ソフトが作れるようになりました。
今、世界一のお金持ちのビル・ゲイツも当時は貧乏学生で、大学を中退しマイクロソフトを起こし、
WINDOWSが発売されてから飛躍し、現在の世界のマイクロソフトになっています。MS−DOSの時代は
主にBASIC、C言語を使っていました。当時はパソコンで動く業務ソフトが少なく、業務ソフトを作る必要性を感じて、
5年間勤務していたマイコンショップ(当時システム課長)から独立し1985年4月にコンピューターネットワーク株式会社
を設立しました。今年で23年を迎えます。
パソコン教室も運営し当時は、BASIC言語入門、C言語入門などを教えていました。独立して5年後の頃、
東京で一緒に仕事をしていたNECの同僚から広島の仕事の応援を頼まれ、沖縄−広島を、名護から1年間、
毎週通ったことがあります。現在はご存知のようにインターネットの時代で、プログラム言語もHTML、PHP、VB.NET
特にJAVAは主流になっていますが、プログラムの生産性も昔と比べると飛躍的に改善されています。私は今でも
時間があるとACCESS、VBなどで簡単なプログラムを作っています。コンピュータのプログラム作成は私の趣味だと、
最近気づきました。                                                                                                 2007年3月 

以上