Info > ネパール留学生
私が名護ロータリークラブでカウンセラーしていた米山奨学生スザンさんが日本語弁論大会で最優秀賞受賞!


〇終了式  名護ロータリークラブ
 
    御 礼 状
私は2009年4月から2011年3月までの2年間、ロータリー米山記念奨学金を受給
頂いた、名桜大学大学院のスザン・バハデュル・アディカリと申します。私事ではござ
いますが、お陰様でこの3月を持ちまして、大学院修士課程を修了見込みとなりました。
沖縄の「トウシヤウマヌハイ」という言葉のように2年間という月日が経つのは本当に
早いもので、振り返ってみると一生忘れられない様々な経験ができました。
この2年間お世話になった世話クラブの名護ロータリーをはじめロータリークラブ
関係者である皆さまのご支援に対し、一筆御礼申し上げたく、大学院修了見込み及び
今後の進学のご報告も兼ねて筆をとらせて頂きます。
ロータリー米山記念奨学金を受給中の2年間、ロータリー米山記念奨学金の名に
恥じぬよう、学業に全力を尽くしてまいりました。至らない部分もございますが、自分
なりに実り多い学生生活を過ごすことが出来たと感じています。
また、沖縄県北部
地域で行われる行事やボランティア活動を通して、母国である
ネパールの料理や文化を地域の方々へ伝えることで、異文化と地域社会への国際
交流を深め、結び付けた他、外国人による日本語弁論大会で(名護市国際交流協会
2010年度、NPO法人ワールドクィーン沖縄2010年度そして沖縄県国際交流・人村
育成財団2011年度)の主催の弁論大会で最優秀賞を頂くことができたのもロータリー
米山クラブの皆様のおかげです。
こうして希望の学業を修め、晴れて終了の日を迎えられる事ができるのは、
ロータリー米山クラブのご支援は、陰ながら支えてくれた家族の愛情の様に感じられました。
心から感謝の気持ちでいっぱいです。
経済不況といわれる中、2年間にわたり支えて下さった
貴財団の皆様、そして支給業務に携わって下さった全ての皆様に、
心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
修了後、大阪大学大学院人間科学研究科(人類学講座)の研究生として進学するという新たな
人生の一歩を踏み出しますが、こうして私を支えて下さった皆様へのご恩と感謝を忘れず、
ロータリー米山記念奨学金受給者として恥ずかしくないよう、
より一層精進して参りたいと思います。ロータリー
米山記念奨学会、
世話クラブ及びロータリークラブの皆様方に厚く感謝を申し上げます。
                                                                                     スザン・バハデュル・アディカリ

注釈:トゥシヤウマヌハイは沖縄の方言で、歳月は馬が走るように早いの意

〇国際ロータリー2580地区米山奨学生オリエンテーション懇親会 東京上野精養軒に於いて

 
長男 琉一君の満一歳の誕生日